2021年01月30日
オレンジライブラリーができます!おおきな本棚をDIYして図書計画始動
オレンジライブラリーができます!おおきな本棚をDIYして図書計画始動

みんなで本をもちよりながら育てていく、「オレンジライブラリー」をつくりました。「クリエイターのサード・プレイス」として、さまざまな職業やクリエイターがあつまる場所として、パークに「図書」があったらいいなという、構想がようやく実現しました。

これまでに読んだ中で、「人生が変わった!」といえるようなターニングポイントをつくってくれた本や、生きる上でバイブルになっている本、学びを得た本など、ひとりひとりそれぞれあるのではないでしょうか?そういった、それぞれ想い入れのある本をもちよって、みんなで特別な図書をつくるという構想です。

これからは「まちライブラリー」という、私設図書館のシステムにならって、正式に図書として運営したりイベントを企画したりしながら、たのしい仕組みづくりをしていく予定です。

近々、お披露目会や本をもちよっていただく「植本会」を開いたりしたいなぁと。壁一面のでっかい本棚のスケール、すごい壮観なのでぜひじかに体感していただきたいです。(5人で運ぶのもギリギリだった大きさ!)

ちなみに、この本棚はフォトグラファー/ビデオグラファーで、パーク運営メンバーのひとりである森下大喜がプロジェクトリーダーになって、木材の調達から施工、完成まで、ぎゅぎゅっと1週間ほどつくってくれました。木屑がとぶので、寒い中、外で磨いたりいい色になるようにオイルを塗ったり。

彼の熱量と技術のおかげで、完成したといっても過言ではありません。ひとりの「つくっちゃおう!」という熱にひっぱられて、われわれメンバーや手伝いみきてくれたひとたちの熱が高まって完成にいたった、この過程も含めて特別な本棚になったと思います。


(本棚のうしろに、制作の手伝いをしてくれた人たちでクレジットを書きました)

つくったことないスケールの本棚を、自分たちでつくる。だれかの「つくる」という熱をリスペクトして、共鳴して、「図書」という新しい「出会い」の種に芽が出たのでした。この本棚に、みなさんの特別な本がたくさん実り、りっぱな本の木に。学びの木になる日まで、いっしょに育てていきましょう。

「オレンジライブラリー」を、これからよろしくお願いいたします!


文/大西健斗

SCHEDULE
ワークスペースのご利用、各種イベントの開催日時、そのほかパークのレンタル利用が可能な空き状況については、スケジュールをご確認ください。
CONTACT
パークについての詳細やご利用方法、各種イベント開催のレンタル予約など、ご質問やご相談は問い合わせフォームより受け付けています。気軽にお問い合わせください。
やま